So-net無料ブログ作成
検索選択

中国人が爆買いする福岡の薬局、ドラッグオンとは [中国]

出国者数は1億人を突破。いま中国は空前の「海外旅行ブーム」だ。法改正で大型船なら「ビザ」が不要になったため、10月1日の「国慶節」から始まった大型連休には、約40万人が訪日したという。
その中国人が観光バスで押し寄せるドラッグストアが福岡にあるという。
その名はドラッグオン。そのドラッグオンについて調べてみました。
こうした大型クルーズ船による中国人の団体旅行が急増している。国土交通省のまとめによると、14年にクルーズ船で入国した外国人旅客数は前年比2.4倍の約41.6万人。外国籍クルーズ船の寄港回数も654回でいずれも過去最高となった。このうち博多港は年間19回(13年)から99回(14年)へと急増し、全国の港で最も多くのクルーズ船を受け入れている。
世界第2位の大型客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」も福岡に停泊。
「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は2014年11月に就航したばかりの新造船だ。海面からの高さは約60メートル。
20階建てのビルが300メートル以上の幅で連なっているのに近いイメージ。最大乗客定員4905人、大きさでは世界第2位。8月の航海は上海を発着地とする4泊5日のクルーズで、博多港が唯一の寄港地である。

多くの中国人観光客が大型客船で日本を訪れるようになった背景として、今年1月から法務大臣が指定するクルーズ船を対象に『船舶観光上陸許可』制度が始まり、訪日中国人はビザが不要になったことが挙げられる。



スポンサーリンク












そんな中国人観光客が観光バスで大勢訪れ、爆買いしていくのが福岡のドラッグストア「ドラッグオン」です。
2012年キャナルシティにLAOXができると、クルーズ客は一気に押し寄せるようになりました。そのLAOXに負けじと今年の2月に福岡空港の近くにオープンしたドラッグストアが「ドラッグオン」だ。

店内の5台のレジはフル稼働。売り場にも多くの店員が立っている。同店の売り場面積は約600平方メートル。通常では6人程度で運営するが、同店では約60人体制で対応している。その従業員のほとんどは中国人で、観光客からの商品に関する質問に対応している。
陳列される商品名や中国語簡体字オンリーのポップなど日本とは思えない光景。

このドラッグオンを運営しているのが株式会社ケアルプラスという福岡の会社。
ドラッグオンのホームページによると福岡と長崎の2店舗のみの展開で従業員数は30名。代表者名などの記載はなく何か怪しい雰囲気もある。
RKB毎日放送のニュースでインタビューに答えた副社長の満園昌嗣という方のfacebookをみると2013年6月に日本通運を退職し、現在の職場が同じく福岡のタカラ薬局になっており、ドラッグオンの経営母体はこのタカラ薬局なのではないかと想像できるが、タカラ薬局の関係会社に株式会社ケアルプラスの名前はなくその関係性は定かではない。

おそらくはラオックスが2012年4月にキャナルシティ博多にオープンし中国人観光客の呼び込みに成功しているのに対抗するため、ドラッグオンのプロジェクトの責任者として中国語が話せて中国事情と物流に詳しい人間をスカウトする必要があったのではないかと想像できます。そしてその人物こそが満園氏ではなかったのかと。
満園氏によるとドラッグオン開店準備は2014年9月からとのことだから計算もあう。



スポンサーリンク












さてドラッグオンで中国人観光客が買う人気商品ベスト3ですが、
3位 「サンテFXネオ」(参天製薬)
2位 「龍角散ダイレクト スティックタイプ」(龍角散)
そして堂々の1位は
「液体ばんそうこう リュウバンS」(大木製薬)
となっています。
そのニュース映像がこちらです。


中国人観光客がこのドラッグオンでどのぐらい爆買いするかというと
ふつうは1人1~3万円くらいだが、高い客だと一度に50万円お買い上げということもある。健康食品やサプリを1年分。498円の目薬を30個といった感じだ。
ちなみに中国で日本に行ったら買わねばならない12の医薬品と紹介されている「神薬」という売れ筋の商品がありドラッグオンでも大量購入されている。

それでは昨年10月に中国のサイトで紹介された「12神薬」を紹介します。
目薬 サンテボーティエ 参天製薬
消炎鎮痛剤 アンメルツヨコヨコ 小林製薬
液体絆創膏 サカムケア 小林製薬
冷却剤 熱さまシート 小林製薬
頭痛薬 イブクイック エスエス製薬
消炎鎮痛剤 サロンパス 久光製薬
外皮用薬 ニノキュア 小林製薬
L-システイン製剤 ハイチオールC エスエス製薬
便秘薬 ビューラックA 皇漢堂製薬
口内炎治療薬 口内炎パッチ大正A 大正製薬
女性保健薬 命の母A 小林製薬
のど薬 龍角散  龍角散



スポンサーリンク












そういえば今年韓国でマーズが流行ったころに行き先が釜山だった中国の客船が鳥取の境港に寄港し、近くのイオンモールに大挙して押し寄せてえらい騒ぎになったことを思い出しました。
中国人観光客の爆買い、恐るべしです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
toshimaro

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 1

ドラッグおん

はい。タカラ薬局の社長であった、小川氏が経営している会社です。
小川氏は近年、伊都に幼稚園を作ったりと敏腕ぶりを発揮していますね。
タカラは元々の社長がいて、小川氏は雇われ社長でしたが現在では経営者として前に進んでいます。
個人資産も大変なものでしょう。
タカラは現在、雇われ社長が継いでいます。
by ドラッグおん (2016-06-08 17:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。