So-net無料ブログ作成

モスキート音で耳年齢をチェックしてみたら29歳以下だった。

日本でも話題を集めつつある「モスキート音」。
「若者にのみ聴こえる音」として語られることは多いものの、実際それがどういったものであるかは
ご存じない方も多いのではないでしょうか?
少し前の話ですが、コンビニの前にたまる若者を追い払うためにこの音を流す装置が話題になったのが
記憶にあります。

この音を聴き分ける能力は年齢と共に変化し、30代になると17KHz程度の音は聴こえなくなるといわれていますモスキート音はこの17KHzの周波数を持つ音のことで、キーンとした非常に耳障りな音です。

というわけで41歳の自分がモスキート音で耳年齢をチェックしてみた。まずは動画をみてどこまで聞こえるかチェックしてみましょう。
(耳障りな音なので音量に注意指定ください)


スポンサーリンク














測定の結果、17000ヘルツがかすかに聞こえたので41歳の自分の耳年齢は29歳以下でした。

これは誰でも年齢とともに聞こえなくなる音なので聞こえなくても聴力にはなんの問題もない
ので安心してください。



スポンサーリンク












ちなみに聴力をトレーニングするには森や川で自然の音を聞いたり、自分の声を集中して聞くのが
良いらしいです。

でも「聞こえる」ことよりも「聴く」事のほうが重要です。
音は聞こえていても人の話を聞いていない人は意外とおおいですからね。
あと耳が良すぎて聞きたくないことも聞こえるよりかは普通に聞こえる程度で十分じゃないでしょうか?
もしかした神様は年齢を重ねるとともにしがらみが増えていき煩わしい周りの雑音が増えてくるので
わざと聞こえない音を作ったのかもしれないのかなとこの記事を書きながら思いました。



スポンサーリンク












最後まで読んで頂きありがとうございました。
toshimaro



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。